Audi池袋拠点案内サインを設置致しました

コンフォーマブルシートによるアウディの意匠

読者の皆さん、こんにちは!

真夜中にクランチ チョコの誘惑に負けてしまう貸し看板屋Web担当のサトポンです(・∀・)

今回は、山手通りにある弊社取り扱いの広告スペースにおいて、株式会社北海道ブブ(所在地:北海道札幌市、代表取締役社長:相川政二)様・Audi池袋の広告出稿により、本日、看板意匠が完成したことをご報告いたします。

豊島区西池袋、山手通りに位置する今回の貸し看板は、ビルのデットスペースを利用した空きスペースによる壁面看板になります。

今回は、「ビルオーナー様必見!ビルの壁面の空きスペースで賃貸収入!」についてサトポンがご説明致します(´ー`)

ビルオーナー様必見!ビルの壁面の空きスペースで賃貸収入!

ビルの壁面の空きスペースで賃貸収入

幹線道路沿いで視認性が良好なビルの壁面や繁華街におけるビルの壁面は、広告スぺースとして開放することにより賃貸収入が得られる可能性があります٩( ‘ω’ )و

ビルの壁面に下地としてアルミ複合板をビス止め及びコーキングした盤面にIJ印刷シートを貼ることにより、簡易な貸し看板となります。アルミ複合板は3mmの厚さで軽く、ビルへの損傷、水漏れなどの懸念はありません。

このようにして壁面に設置された白面のアルミ複合板を貸し看板として一般広告の募集をするのはどうでしょうか(´・ω・`)

しかし、ビルオーナー様にとって持ちビルは、大事な恒産であり、ビルの壁面にビスを打ち込むことにが懸念材料となることがあると思います。そこで、AIAでは、コンフォーマブルという素材のIJ印刷シートをビルの壁面に直接貼ることをお奨めしております。なお、今回のAudi池袋拠点案内サインの意匠シートは、このコンフォーマブルの直貼りとなっております。上記の写真では少し分かりずらいですが、コンフォーマブルは、壁面にピッタリとなじむ為、壁面をよく見るとタイルが浮きあがってます(´ω`*)

サトポンとしては、壁面看板の貸し看板は、理想はパネル看板、最低でもペラ看板(アルミ複合板+IJ印刷シート)をお奨めしますが、ビルオーナー様の条件や広告掲出期間が短期であることなどの理由であれば、このコンフォーマブルシートもありだと思います\(・∀・)

 

AIAでは、ビル壁面のデットスぺースについて、ビルの形状及び視認性並びに見込まれる収入等をビルオーナ様と十分に協議し、最適な方法をご提案いたします。

調査費用は無料となっておりますので、貸し看板計画は、是非AIAにご相談くださいませ┏○ペコッ

 

Audi正規ディーラー・Audi池袋は、東京メトロ有楽町線・副都心線 千川駅より徒歩1分。ショウルームでは、経験豊富なAudiセールスコンサルタントが丁寧に対応してくれます。ショウルームでは、最新モデルを展示、試乗車のご用意もあるので、お客様自身でAudiの魅力を感じてください。

Audi池袋:東京都豊島区要町3-31-3

赤のボディのアウディ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です