壁面看板は、ペラ看板よりパネル看板がお薦め!

アルミフレームを付けたアルミ複合板

読者の皆さん、こんにちは!ブラックサンダー大好き貸し看板屋Web担当サトポンです(・∀・)

今回は、調布市下石原にあるAI-Board(幣社自社媒体)において、株式会社グリーンベル(所在地:川崎市麻生区、代表取締役社長:葛西宣行)様・の広告出稿により、本日、看板意匠が完成したことをご報告いたします。

調布市、甲州街道下石原交差点に位置する今回の貸し看板は、壁面看板です。下石原の交差点はトラフィック情報でもおなじみの大変渋滞する交差点で、大型トラックの通行も多く、グリーンベルは、トラック関連事業であることから、当該媒体への出稿を決定して頂けたんだとサトポンは思いますd(´∀`)イイネ!!

 

今回は、壁面看板について、弊社がもっとも推奨する仕様である、「アルミフレームを下地としたアルミ複合板IJ印刷シート」について、サトポンが解説するとともに、グリーンベル様の広告出稿に伴い、サトポンがグリーンベルの注目事業を皆さんにお伝え致します\(・∀・)

壁面看板なら下地にアルミ枠!

壁面看板では、安く予算を抑えられるアルミ複合板を壁面に直付けしたペラ看板というものもありますが、より堅牢な看板仕様として、アルミ製の看板枠を看板の下地フレームに使用するパネル看板があります。サトポンは、このアルミ製の看板枠のパネル看板が個人的に好きです。ただ好きというわけではなく、アルミ製の看板枠の壁面看板にはいくつかのメリットがあります(´ー`)

アルミは腐食が少ない

看板の下地には、木枠、スチール枠、ステンレス枠などありますが、木は腐食が早いので、弊社では、不動産売地看板などの時限的な看板以外では、製作することがありません。スチールは、錆止めをしますが、経年により錆は避けられません。また強度はありますがアルミに比べると重いです。ステンレスは耐腐食性では一番ですが重いうえに価格が高いです。これらの理由からアルミ枠は他の看板枠に比べ優れてます。もちろん看板の設置箇所や大きさなどにより、適宜材質の枠は決定するのですが、小型看板であれば、アルミ枠がいいですよ(・∀・)

パネル看板は高級感がある

下地フレームを入れることにより、看板は立体的になり、また堅牢的な看板となりペラ看板に比して高級感が増します。サトポンがペラ看板よりもパネル看板をお薦めする理由はこれが一番大きいです(`・ω・´)ゞ

 

看板製作のご相談・ご依頼・お見積りは是非、AIAへ_(._.)_

http://www.ai-ad.co.jp/ad-product.html

トラックレンタル事業を営む株式会社グリーンベルの注目事業紹介

トラックリース

神奈川県川崎市の各種トラックレンタル事業を営む株式会社グリーンベルの注目の3つの主力事業についてご紹介します。

1、財務UPリース、2、中古トラック情報誌【GETRUCK】の発行業務、3、短期リース事業「ちょっトラック」は、運送業の黒字化と安定経営をキープできるグリーンベルおすすめのサービス事業です。

株式会社グリーンベル概要

トラック財務アップリース

株式会社グリーンベルは、冷凍車やウィング、アルミバンなどトラックのレンタル(レンタカー)車両を常時豊富にラインアップしており、各種車両を活かした、財務UPリース事業、中古トラック情報誌【GETRUCK】の発行による情報提供事業、短期リース事業「ちょっトラック」などを積極的に展開しています。

株式会社グリーンベルは神奈川県川崎市の会社

平成16年11月に創業した当社は、神奈川県川崎市麻生区に中心に地域密着で、リース事業・自動車販売事業・環境事業・損害保険代理事業などを営んでいます。

グリーンベルでは、冷凍車やウィング、アルミバンなどトラックのレンタル(レンタカー)車両をラインナップし、荷主様からの急な依頼、事故・故障時の代車、繁忙期対応、短期業務の増車対応、新車の納車までの代車などの幅広いニーズに応える迅速なサービス提供を行っています。

株式会社グリーンベルで注力している事業とは?

サトポンが是非、読者の皆さんに伝えたいグリーンベルの3つのサービスをご紹介\(・∀・)

1、財務UPリース

2、中古トラック情報誌【GETRUCK】の発行業務

3、短期リース事業「ちょっトラック」

の3つの事業について、サトポンなりに初心者にもわかりやすくご紹介していきます。

1、財務UPリース事業のご紹介

トラック買取り

運送業を営む企業様向けの10年償却型リースプラン「財務UPリース」は、導入当月から黒字化でき、増収増益経営をキープすることができます。

運送業が稼ぎ頭になる!「増収増益型」財務アップリース

通常トラックは、10年使用することが前提です。しかし、5年で償却するのがこれまでの通例であったため、仕組みを改善し「10年償却型」を基本概念としたファイナンスリースを開発しました。

グリーンベルの財務アップリース経費50%型プランなら、リース料が半額となり導入初月から黒字化することができます。

10年償却型ファイナンスリース

10年償却型ファイナンスリースでは、毎月の支払額が同じでも、リース料50%と積立金50%に分けています。そのため、今までのリースなら5年間は赤字でしたが、10年償却型ファイナンスリースなら、導入月から黒字化できます。

リース満了後の選択肢も安心の財務UPリース

財務アップリースなら、リース満了後の選択肢も豊富で、事業の状況に応じて、購入、売却、再リースなどを選ぶことができます。

リース残価を補償金で精算し資産計上

リース満了後は、残価と積立金が同額です。車両は、リース残価でゼロ円で買い取り後、資産計上できます。

車両売却

リース満了時に、時価査定が行われます。お支払い金額は、補償金ーリース残価+買取査定額となります。

再リース(5年リース継続)

リース満了後のリース料のお支払い額はゼロ円です。積み立てた補償金を取り崩します。積立金は、次の5年間のリース料として経費処理できます。

2、中古トラック情報誌【GETRUCK】の発行による情報提供事業のご紹介

株式会社グリーンベルでは、「月刊 中古トラック情報誌【GETRUCK】」を毎月2万部発行し、中古トラックや建設機械に関する情報提供を行っています。

業界初フリーペーパー「月刊 中古トラック情報誌【GETRUCK】」

トラック販売店や定期購読者により、多くの方にご購読いただいている月間2万部発行の業界初フリーペーパー「月刊 中古トラック情報誌【GETRUCK】」では、中古トラックを中心とした有益な情報提供を行っています。車両の販売価格の他、月々のリース料参考例も掲載しています。

中古トラック情報の他経営改善情報の提供

「月刊 中古トラック情報誌【GETRUCK】」では、運送会社を黒字にする経営テクニックなどの経営サポート情報も合わせて掲載しています。特にグリーンベル推奨の財務アップリースを活用した時価会計による財務体質改善手法は、経営者の方に喜ばれています。

3、短期リース事業「ちょっトラック」のご紹介

「ちょっトラック」は、中古トラックを1ヶ月単位で使用できる当社の人気サービスの一つです。急な荷主対応や短期業務の増車対応にもよく利用されています。

中古トラックを1ヶ月単位で使用できる短期リース【ちょっトラック】

1ヶ月単位で中古トラックを短期間リースできることから、急な荷主対応、事故・故障修理の代車、繁忙期、新車納期前、短期業務の増車に活用される事例が多くなっています。使用者をお客様名義にして、営業ナンバーとしてトラックが利用できます。

神奈川県麻生区、地域密着!株式会社グリーンベルのまとめ

トラックレンタル事業を営むグリーンベルについて、サトポンが特に注目したサービスについてご紹介致しました。

1、財務UPリース

2、中古トラック情報誌【GETRUCK】の発行業務

3、短期リース事業「ちょっトラック」

については、運送業の経営改善や黒字化経営のためのグリーンベルが培ったノウハウです。グリーンベルは、運送事業を成長産業にするとともに、運送事業の増収増益に貢献することに邁進している会社です。

 

神奈川県川崎市の各種トラックレンタル事業を営む株式会社グリーンベルで、特に注目されている3つの主力事業、1、財務UPリース、2、中古トラック情報誌【GETRUCK】の発行業務、3、短期リース事業「ちょっトラック」についてご紹介しました。グリーンベルは、多くの女性スタッフがいきいきと活躍する活気ある会社です。グリーンベルでは、運送業経営に対しての最大限のサポートを行っております。

株式会社グリーンベル:神奈川県川崎市麻生区下麻生1-32-37

グリーンベルのゲットラック