アルファロメオ調布の看板意匠変更を実施致しました

読者のみなさん、こんにちは!貸し看板屋でWeb担当をしているサトポンです(・∀・)

調布市下石原交差点に位置するAI-Board(弊社自社媒体)の広告主であるフィアット グループ オートモービルズ ジャパン正規ディーラー・株式会社アクセル(調布市八雲台)の意匠変更を行いました。

今回は、大型看板の盤面を綺麗に見せる方法と、アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」についてサトポンがご紹介致します!

大型看板の盤面を綺麗に見せる方法は?

完成写真を見て下さい。盤面の意匠はとても綺麗ですよね!

当該看板は、H5,000mm×W10,000mm の大型看板です。

盤面は、アルポリック板を採用しているのですが、こんな看板みたことですか?板と板の区切れ目で、ひび割れしちゃってる看板これは設置したアルポリック板の上にIJ印刷シートを貼って行くのですが50平米1枚もののアルポリック板というのはないので、アルポリック板を何枚か使うのですが、その板と板の区切れ目で上から貼ったIJ印刷シートがひび割れを起こしてしまうんです((;゚Д゚))!!!!!

ひと手間が大事!

どうしたら意匠盤面を綺麗に見せられるのか?

板と板の区切れ目にアルミシートを貼るんです!

お客様は、看板の施工方法なんて知りません。看板屋は、このひと手間を

必ずやらないとダメだとサトポンは思います。

アルファロメオ初のSUV

アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」の発売が2018年6月25日に決定したことに伴う看板の意匠変更はアルファロメオを代表するロッソ・アルファ(アルファ・レッド)のボディカラーの「ステルヴィオ」と「ジュリア」を並べた背景を白としたシンプルな看板となってます!

オンロードSUV

新型ステルヴィオは、「マセラティ レヴァンテ」や「ポルシェ カイエン」などの高級SUVと同様、オンロードSUVです。

「アルファロメオ ステルヴィオ」は、「ジュリア」をSUVにしたエクステリアとなってます。

SUVとしてはコンパクトで、イタリア車らしい上質感が漂います。

アルファロメオファンには欠かせない三角型フロントグリルは健在ですよ!

「ステルヴィオ」の由来

アルファロメオのモデルは人名をつけた、「ジュリア」や「ジュリエッタ」が特徴ですが、今回のSUVは「ステルヴィオ」人名ではなさそうですよね。

これは、世界最高峰のドライビングロードとして有名なステルヴィオ岬(イタリア北部のアルプス山中)に由来しているようです。

ドライビングロードの聖地をモデル名としたステルヴィオは単なるSUVでなはなく走りにこだわったモデルであることの現れですね。

新型アルファロメオ・ジュリア

5年ぶりに新型のアルファロメオ・ジュリアが登場しました!
初代ジュリア血統を受け継いだ新型は、独創的でありながらシンプルで、かつダイナミックなプロポーションは、フロントの短いオーバーハングによって強調されてたスポーツセダンです。
四半世紀ぶりの量産FR車となる新型アルファロメオ・ジュリアには、期待が高まります。

新型「ジュリア」の外装・外装は?

車全体のプロポーションを特に意識しデザインされた新型のアルファロメオ・ジュリアの外装は、アルファロメオ・ジュリアを乗り続けるジュリアファンも納得の美しく研ぎ澄まされたフォルムとなっています。
新型アルファロメオ・ジュリアの内装は、高級なプレミアムレザーや天然のウォールナットウッドとオークウッドは、イタリア車ならではこだわりを感じます。
新型ジュリアのデザインはフォルムの美しさを最も重視し、外装及び内装ともに高級な素材感を味わえるよう設計されています。
アルファロメオでは「製造」を「創造」と謳っているだけあって、調和のとれた美的センスを感じることができます。

貸し看板のまとめ

今回の看板は、甲州街道、調布市下石原に位置し、下石原交差点はラジオのトラフィック情報でもおなじみの常に渋滞する交差点になります。

看板の視認性は良好です。多くの通行車両及び歩行者が曲面豊かなボディラインのアルファロメオのボディが目に飛び込んでくるでしょう!AI-Boardは、一定以上の平米数の大型看板で、かつ接触度の高い広告媒体です。

 

下石原交差点のAI-Boardの広告主である株式会社アクセル様は、

京王線・国領駅から徒歩4分、甲州街道に面した好立地にショウルームを構えております。

新車の他、認定中古車も取り揃えており、この認定中古車センターは関東最大級です。

新車、中古社、稀少車、限定車を取り揃えるアクセルなら、きっとお探しの1台が見つかること間違いありません。

調布ショウルームは、サービス工場も併設しておりますので、購入後のサポート、整備、修理等の対応は早く、ディーラー選びには欠かせない要素です。アルファロメオ、フィアット、アバルト、中古車の購入をご検討の方は、お気軽にコメントください(´ー`)

アルファロメオ調布:東京都調布市八雲台2-3-1