ジープ杉並の看板の意匠変更を行いました

新型ラングラー

皆さん、こんにちは!貸し看板でWeb担当をしているサトポンです(;・∀・)=3

今回は、環八と青梅街道との交差点、杉並区四面道に位置するAI-Board(弊社自社媒体)の広告主であるFCAジャパン正規ディーラー・株式会社アクセル様のジープ杉並の看板をジープ・ニューラングラーに意匠変更致しました。

ジープ・ニューラングラーについてサトポンが解説しますヽ(´ー`)ノ

貸し看板のご相談・お探しは是非、自社媒体を多数保有するAIAへ┏○ペコッ

http://www.ai-ad.co.jp/ad-lease.html

11年ぶりにフルモデルチェンジしたジープ・ニューラングラーの魅力を徹底紹介!

オレンジのジープラングラー

ジープブランドの中核的存在のジープ・ラングラー。ジープの歴史は、ラングラーにありと言ってもいいほどの個性ある存在です。日本人にも大人気、アメ車の中でももちろん人気ナンバーワンのジープ・ラングラー。ここでは、11年ぶりにフルモデルチェンジしたジープ・ラングラーについて、その魅力を徹底紹介していきます。

ジープブランドの中核としての存在の「ラングラー」

軍用車から始まり、70年以上の歴史を誇るアメ車の人気ブランドの一つが、Jeep(ジープ)です。そのジープ直系のモデルが、Wrangler(ラングラー)です。ラングラーは、「ザ・ジープ」と呼ばれるほどの圧倒的な存在感で、世界のクロスカントリーカーが目標とするモデルです。そのジープ・ラングラーが、11年ぶりにフルモデルチェンジしました。

ジープブランドとは?

ジープらしい硬派でワイルドな走りを堪能したいなら、アメ車の中でも特に4WDSUV・クロスカントリーカーのジープがおすすめです。ジープの人気の秘密は、軍用ジープという個性を全面にアピールした武骨なフォルムにあります。

アメ車の日本市場では唯一売れているブランド・ジープ

ジープブランドは、日本のアメ車市場では最も売れている人気ブランドです。独特のスタイルや悪路走破性の高さは、軍用ジープの走りそのものです。その代わり、使い勝手の悪さ、後席へのアクセスの悪さ、荷室の制限などのデメリットがありました。しかし、改良されたジープ・ラングラーのJK型やアンリミテッドの登場により、使い勝手がよくなり、5人乗りのSUVとしても、家族でゆったりと使いやすい点が多くの人の心をつかみました。

下取り価格も高く高い人気を誇るブランド・ジープラングラー

ラングラー独特のデザインにより、ジープ・ブランドの中でも特に人気が高く、10年以上たってもその人気の衰えを感じさせません。10年もたてば、乗り換えの時期に差し掛かります。リセールバリューの高いジープ・ラングラーは、下取り価格の高さもあって、同じ新車のラングラーに乗り換えるパターンが多くなっています。

日本人にも大人気のジープ・ラングラー

砂漠のなかのジープラングラー

ジープ・ラングラーは、日本人にも人気のあるジープ・ブランドです。軍用ジープの悪路走破性を徹底して追求しながらも、使い勝手をよくしたアンリミテッドなどのモデルを登場させたことにより、日本でも大ヒットしています。

何が変わった?ニュージープ・ラングラー

ジープ・ラングラーのフルモデルチェンジの発表は、今年の10月でしたが、11月23日より正規代理店で販売が開始されています。フルモデルチェンジとはいえ、伝統のラングラーのオリジナルのスタイリングや独特の世界観は変わりません。悪路走破性、SUVとしての使い勝手、燃費性能、安全性などに大幅な改善や向上が見られます。

経済性を重視した新型エンジンとトルク重視の改良型エンジン

新開発の2.0L直列4気筒ターボエンジンが初めて採用され、レギュラーガソリン仕様でありながらも経済性とパワフルさを両立させたニューエンジンに仕上がっています。3代目のジープラングラーに搭載されていた3.6LペンタスターV型6気筒エンジンは、低速トルク重視にチューニングされ、トルクフルな走りが魅力となっています。

エアロダイナミクスがワイルドな外観とスタイリッシュで上質なインテリアデザイン

ニューラングラーの外観は、1955年に誕生した「CJ-5」の外観を踏襲しています。ヘッドライト間のグリル、流線形でなおかつワイルドなフォルムは、武骨さと最先端の流行がうまくアレンジされています。ライトは全てLED化されています。内装・インテリアは、スタイリッシュですが、上質な素材を多用し、ダッシュボードの水平デザインもあくまでもジープの伝統スタイルが踏襲されています。メーターパネルにはフルカラー7インチマルチビューディスプレイ、ステアリングホイールにはオーディオ、ボイスコマンド、クルーズコントロールなどの操作ボタンが操作しやすい場所に配置されています。

ここがスゴイ!ニュージープ・ラングラー

砂漠の町

ニュージープ・ラングラーと旧型モデルを比較して、どのような点に際立った特長があるのかを見ていきましょう。

燃費性能が向上し街中でも取り扱いやすい

ニューラングラーには、アイドリングストップ機能が標準搭載されており、燃費性能の向上が見られます。

従来モデルの燃費は7.5km/Lですが、改良型3.6LV6エンジンでは「9.2km/L」、新型直4エンジンは「11.5km/L」で燃費性能が大幅に改善されています。

堅牢なボディと充実の安全装備

軽量アルミによるフレームの強度を向上させた堅牢なボディ、充実の安全装備は、ニューラングラーの走りを徹底してサポートします。後退時の後方確認ができる「Parkview リアバックアップカメラ」、「ParkSense リアパークアシスト」などが標準装備です。「Unlimited Sahara Launch Edition」では、フロントパークアシストとブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクションが標準装備です。

ニュージープ・ラングラーのラインナップと価格の目安

ニュージープ・ラングラーは、11月23日より全国の正規代理店で販売が開始されています。

基本グレードは三種類

ニュージープ・ラングラーのグレードは、Sport、Unlimited Sport、Unlimited Sahara Launch Editionの3種類です。各仕様のメーカー希望小売価格(税込み)を掲載します。
Sport(2ドア、3.6L 8AT、4×4)459万円
Unlimited Sport(4ドア、2.0L 8AT、4×4)494万円
Unlimited Sahara Launch Edition(4ドア、3.6L 8AT、4×4)530万円

4種類のボディカラー

SportとUnlimited Sportは、ブライトホワイト/ブラック/ファイヤークラッカーレッド/グラナイトクリスタルメタリックです。

Unlimited Sahara Launch Editionは、ブライトホワイト/ブラック/パンプキンメタリック/グラナイトクリスタルメタリックです。

ニュー・ジープラングラーのまとめ

すでに日本でも販売が開始されたジープ・ニューラングラー。

ジープブランドの簡単な魅力とその歴史の紹介と合わせて、旧型ラングラーとニューラングラーとの違いをご紹介しながら、その特長的な魅力について迫りました。

 

ジープ杉並は、杉並区の最西端、井の頭通り沿いの好立地にショウルームを構えております。新車・中古車の取り扱いのほか、整備、板金、自動車保険の見直しなど幅広くご提案しております。

また、ジープ杉並店は、店舗併設認証工場完備でFCAジャパンの正規ディーラーとして法定点検や車検などお車に関することをトータルサポートしております。

クライスラー・ジープ・アルファロメオ・フィアット・アバルトの購入をご検討であれば、是非あなたのスタイルにぴったりの1台をジープ杉並で見つけてください。

ジープ杉並:東京都杉並区宮前4-27-4

ジープ杉並店