貸し看板・デザイン・看板製作・設置のことなら、AIAまで。お気軽にご相談下さい!

屋外広告業届出 東京都知事 2142(1)号

消火栓標識及び消火栓広告とは

作業風景
消火活動の際、水を配給するための設備を指します。火災時に大きな役割を果たすため市街地の様々な場所に設置されています。しかし、どこに設置されているか分からなければ意味がありません。そこで重要となるのが消火栓標識です。標識を設置することで火災などの災害時に消防隊員が位置を把握することができいち早く消火活動にあたることが可能になります。また標識を設置することで、消火栓付近への駐車や物の投棄を未然に防ぐことができます。
こうした地域の災害時に不可欠な消火栓標識は協賛広告の掲載が可能となっており、弊社では代理店として広告掲載企業様を募集しております。
消火栓広告の特徴は上記記載のように火災時だけでなく多くのメリットが存在します。例えば店舗・企業名を記載することで堅実な誘導看板となります。また消火栓は市街の様々な場所に設置されているため認知度向上の効果にもつながります。そのほか、消化活動への取り組みを実施している印象を与えることが可能になり住民の方々はもとより、取引先企業様へより良い企業イメージを与えることができます。
2011年、弊社が実施した「消火栓標識の認識度アンケート」の結果によると41パーセントの方が知っていると回答しました。このことから認知度4割を超える広告媒体といえ、人通りの多い場所への設置は協賛広告企業への高い看板効果として活用できるといえます。
現在、消火栓標識は関東を中心に1都9県に展開されており全国では6万本、東京都だけでも約2万本が設置されています。
弊社では、当該消火栓広告について各種許可手続、メンテナンス、保険、看板製作、取付作業、撤去作業まで一貫して行いますので、ご気軽にお問い合わせくださいませ。また看板デザインなどにつきましてもお問い合わせくださいませ。
消火栓広告
お問い合わせ

サービスのついてのお問い合わせ、消火栓広告に関するご相談などはこちらからお願いします。

フォームからのお問い合わせ
メールフォーム
お電話でのお問い合わせ
03-3269-8023
受付時間 平日10:00〜18:30
top